Orthodontic矯正歯科

矯正歯科

西川歯科医院の矯正歯科治療

矯正治療で口元を美しく、健康的に

矯正治療で口元を美しく、健康的に

口元の美しさというのは、歯の色や歯並びによるところが大きいです。そのため、歯並びが乱れている人は、笑顔に自信が持てない場合も少なくありません。また、歯並びは「ものを噛む」という機能にも大きな影響を及ぼすため、整っていることに越したことはございません。そんな歯並びにお悩みを抱えていらっしゃる方は、ぜひ気軽に当院までご相談ください。

bird

こんな歯並びでお悩みではありませんか?

  • 歯並びがデコボコしている(乱ぐい歯)
  • 前歯が出ている(出っ歯)
  • 下顎が出ている(受け口)
  • 前歯の間にすき間がある(すきっ歯)
  • かみ合わせが深い(過蓋咬合)
  • 口が閉まらない(開咬)

こういった歯並びでお悩みの方は、一度当院までご連絡ください。いずれも矯正治療によって改善することができる症状です。矯正の専門医が無料でカウンセリングさせていただきます。

歯並びが悪いことのデメリット

歯並びが悪いことは、単に口元の審美性が低下するだけではありません。以下の挙げるように、歯や顎、全身へと悪影響が及ぶことがあります。

歯への影響 顎への影響
歯並びが悪いと、清掃性も悪くなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。歯列の中に堆積した歯垢や歯石は、口臭の原因になることもあります。 かみ合わせが悪いと、一部の歯だけで噛んでしまうため、顎への負担が大きくなります。その結果、顎関節症などを引き起こすことがあります。
全身への影響 心への影響
上下の歯でバランス良く噛むことができないと、顎の筋肉や骨格、さらには全身の発育にまで悪影響が及ぶことがあります。食べ物をきちんと咀嚼しないまま飲み込むと、胃腸への負担も高まるため、要注意です。 歯並びが悪いことがコンプレックスとなり、自然に笑えなくなる人は珍しくありません。また、歯並びやかみ合わせの異常によって障害が生じ、日常的に強いストレスを感じてしまうこともあります。

子どもの矯正治療

子どもの矯正治療は、大きく2つの時期に分けられます。

子どもの矯正治療

初期治療(第Ⅰ期) 5~12歳頃 本格治療(第Ⅱ期) 12歳~成人
初期治療は、乳歯と永久歯が混在している時期に行います。歯の位置を1本1本整えていくのではなく、顎の成長をコントロールするのが主な目的です。 永久歯が生えそろう時期に行う治療です。個々の歯の位置を整えていくのが目的です。一般的なワイヤー矯正がこれにあたります。
矯正治療に使用する装置
拡大床

拡大床

拡大床とは、顎の骨を拡大するための矯正装置です。顎骨の発育が遅れている場合などに適用されます。取り外し可能な装置ですので、お子さまの負担も最小限に抑えることができます。

マルチブラケット

マルチブラケット

ブラケットと呼ばれるパーツを歯の表面に設置し、歯列全体にワイヤーを通す矯正法です。歯を1本1本、理想とする場所へ移動することができます。本格矯正で用いられる最も一般的な矯正装置です。

大人の矯正治療

歯並びを良くしたいけれど、「もう大人になってしまったから…」と消極的になられている方は、ぜひ一度、当院までご連絡ください。矯正治療というのは、大人になってからでも受けることが可能です。
顎の発育が完了した成人であっても、マルチブラケットを用いたワイヤー矯正などで、歯並びを改善することは十分に可能です。ブラケットやワイヤーによって、口元の審美性が害されることを心配されている方も、ご安心ください。いろいろな工夫をこらすことで、目立ちにくい矯正装置を装着することもできます。
また、当院では審美的な観点だけでなく、咬合などの機能面も考慮した矯正治療を行っております。

部分矯正

部分矯正

一般的な矯正治療というのは、歯列全体を動かしていくため、治療期間が長く、費用も高額になりがちです。それだけに、矯正治療へ一歩踏み出せない方も多いかと思います。そんな方には、部分矯正がおすすめです。部分矯正とは、歯列の一部分だけを矯正する治療法で、プチ矯正と呼ばれることもあります。

当院ではそうした部分矯正にも対応しておりますので、「気になる部分だけを治したい」という方は、お気軽にご相談ください。